小説家です

今日は朝から400文字詰め原稿用紙5枚以内の短編小説を描いていました。えがかれた小説のお題は「彼(彼女)を好きになって、告白するまで。」でした。ついこの間まで、普段文章をそんなに書かない人でした。でも、ブログ日記を書くという仕事に出会ってからほぼ、毎日パソコンに文字を打ち込む作業です。その作業を終えても、ちゃんとクライアント(依頼人)が承認してくれないと、報酬は支払われません。ぼくは、この仕事と出会ってから、最初に依頼内容をちゃんと理解できていれば、100パーセント承認してもらえています。そこで、ぼくは文章を書く事に対して自信を付けました。そうしているうちにとある、小説の全国公募と出会いました。初応募なので、どんな評価がなされるのか、まったくもって分かりませんが、書く事に対して、新しい楽しみをみつけてしまったぼくは、これからもすこしずつ、書きものに挑戦していきたいと思います。このブログ日記の読者の皆さんも自分自身に隠された能力を楽しみながら見つけてください。

結婚指輪

SEO 大阪

翻訳 値段

歯科技工士 専門学校

サッカーユニフォーム